高額査定、低金利の渋谷にある質屋を紹介しています

TOP » アイテム別買取価格相場を独自調査! » ショパールのダイヤモンドリング

ショパールのダイヤモンドリング

■ハッピーダイヤモンド(18金ホワイトゴールド)

定価:21万円
買取相場:~3万円

※上記の買取相場は、未使用で保証カード(ギャランティカード)付、箱がある新品のものです。

ショパールのダイヤモンドリングについて

アニバーサリーリングだけでなく、デイリーユースのリングでもダイヤモンドは圧倒的な人気を誇ります。

ダイヤモンドの価値は、Carat(カラット)、Color(カラー)、Clarity(クラリティ)、Cut(カット)の4Cが基準となって判断されるのが一般的。そのうえで土台となるリングの素材(18金ゴールド、プラチナなど)を鑑みて値付けがされるそうです。

ここで紹介するのは、世界的なハイジュエリーブランドである、ショパールの「ハッピーダイヤモンド」。名作と名高いこのリングは、多くの世代から熱い支持を受けており、かつ多くのフォロワー生み出した偉大なる存在です。

ショパールのブランドヒストリー

そんな名品を作り出したショパールは1860年、スイスに誕生。ルイ‐ユリス・ショパールによって、時計製造工房として設立されました。高精度で多くの時計愛好家から支持されたルイ-ユリス・ショパールの時計は、ロシア皇帝ニコライ2世の宮廷でも愛用されるなど、じょじょにその名が知れ渡っていきます。

20世紀に入ると、時計だけでなく高級時計と親和性の高い宝飾品も取り扱うようになり、よりそのブランドの価値を高めていくことに成功しました。そして1976年にショパールのアイコンともいえる「ハッピーダイヤモンド」が誕生。以降も世代を問わず、ハイジュエリーブランドとして、多くのファンに愛されています。

ショパールの高額買取ポイントをチェック!

ダイヤモンドが使われているリングの場合、そのダイヤの状態が査定額に大きく影響します。

前述した4Cが基準となり、ダイヤの価値が決まるわけです。ショパールのダイヤのハイクオリティさは有名で、さらに「ハッピーダイヤモンド」はそのオリジナリティ溢れるデザインで多くの人を魅了してきました。

土台となる18金ホワイトゴールドの状態(ゴールドは傷がつきやすく、変色もしやすい)次第では高額買取も期待できるでしょう。

未使用品であるなら、定価の3~4割くらい、劣化が激しいものだと定価の1割以下になることもあるそうです。